2011年1月 のアーカイブ

愛は傷つけない(智子)

2011年1月25日 火曜日

夫がきついことを言ったりしたりするのは、単なる照れ隠しだ。 愛情の裏返しだ。 心の奥底ではちゃんと愛情を持ってるはずだ。 仕事のストレスがたまってるんだ。 疲れてて余裕がないだけだ。 私が受け止めてあげなきゃ。 本当は私のことを大事に思っているはずだ。 だって優しいときもあるから。 昔は優しかったから。 冷たい人であるわけがない。 本当は優しい人だけど、私には甘えてるんだ。

そういう「解釈」が必要な場面は、もちろんあると思います。 でも、それが結婚生活を通じて、常にそう考えていなきゃいけないとしたら、その「解釈」自体を見直す勇気をもってほしいと思います。

いつも、「きっと~だ」「○○のはずだ」ばかりでは、安心感はありません。 愛情とは、安心感や安全感をもたらすものです。 それをもたらさないものは、愛情とはいいがたいと思います。

『愛は傷つけない』という本があります。

41g76WAx+UL__SS500_ 当事務所の応接室にも置いてあって、ご相談にいらっしゃる方の多くがお待ちになっている間、読んでおられます。子ども向けの絵本や猫の写真集に混じっておいてあるのですが、すぐに目にとまるようです。

そう、ほんとにそのとおり、これに尽きると思う。「愛は傷つけない」のです。 たとえ間違って傷つけることがあっても、すぐに手当てするのです。 それがいつも傷つけてばかり、手当もしてくれない。そこにいるのが辛い。 そうであれば、勇気を持って、その「愛」を疑ってほしい。

とてもいい本です。一歩を踏み出せない方に、ぜひお勧めしたい一冊です。

「欠損家庭」という言葉(智子)

2011年1月19日 水曜日

ずいぶん長いこと、ブログを放置してしまいました。  公私ともにとっても忙しくて、気持ちの余裕がブログにまで至らなくて。

弁護士のサガか、「気楽に」文章を書くということがなんとなくできないというのもあって。  書くなら、「きちんと」書かねば、という意識が強いのです。

でも、ブログはもうちょっと、肩の力を抜いて、「気楽に」書いていけたらな、と思います。  まさに「雑記帳」の名前のとおり

さて、先日、ご相談者の口から飛び出したこの言葉。

「欠損家庭」

いうまでもなく、親のどちらかが「欠けている」家庭のことです。死別、離別、もともとシングルといった理由は問わず、その点では価値中立的とはいえるかもしれません。子どもの非行とか虐待とかを研究するうえでよく使われている言葉だと思います。

それにしても、イヤな言葉です。  でも、「結婚生活が辛い」と思って、離婚を考える方々の悩みを、これほど的確に表現している言葉もないのではないかと、しみじみ感じさせられました。

でもでも。  自信を持って欲しいです。  物理的に「欠損」している家庭ではなく、「機能的欠損家庭」と呼ばれる家庭が問題なのです。  形式的に両親がそろっていても、どちらかまたは両方の「機能」が「欠けている」家庭。

一方が他方に有形無形の暴力を振るう家庭はその一つの典型といえます。  自信を持って、そこから逃げて、そんな「家庭」は壊して欲しい。改めて、そう思いました。